045-532-8937
「教育者向け」セミナー開催者募集!

私たちの考える、減災教育

「自分の命は自分で守る」主体性への気づき。

教育は、主体的に学び、考え、行動することで、優れた人材をつくります。

危機的状況下では、一瞬の行動が生死を分けます。災害の対策でも主体性を持ち、災害から「命を守る対策」を学ぶことが重要です。「命を守る対策」とは、被害を未然に防止するための、合理的、客観的、網羅的な考え方と手法です。しかし、痛ましい事故が起きてから再発防止策が取られることが多いのが現状です。

私たちは、事後よりも事前に、管理者や責任者に向けて啓発や教育を行います。このことで、多くの人の「命を守る対策」となり企業や組織にとって被害が減ること、被害が出ても危害のひどさが少なくなることを目指しています。

被害はゼロにはできません。災害が起こる可能性は常にあります。前もって予想して対策を行うことで、万が一事故が起こった場合でも、すぐに対策を講じることができるでしょう。みんなで考え、全員が安全について考えることで、安全に対しての現場の意識が高まり、常に改善する努力を現場に定着させることができます。企業や組織の対策を怠らない姿勢は、ユーザーに対しても危険をあらかじめ通知することができるようになり、責任の義務を果たすことになります。

 

防災と減災の違い

防災≠減災

「防災」と聞いたことがあると思います。意味は、「災害を防ぐ取り組み」のことです。

では、「減災」はどうでしょうか?「災害を減らす取り組み」そう答えるかもしれません。

間違いではありませんが、それでは災害を減らすよりも防ぐ「防災」だけでよいということになります。重要なのは、「防災」があるのに「減災」という言葉が必要になった理由です。「減災」は「自分も被害に合うと覚悟する」「ある程度被害が出ることを想定する」という防げないことを前提とした考え方です。この姿勢で被害をできるだけ小さくする努力が減災では重要です。自分も被害に合うと覚悟できれば主体性を持つことができます。危ないと思えるから、対策ができるのです。